床 サンダーと塗料

施術室のヒノキの床 無垢だからできる 削って塗って

サンダーはプロにお願いして 塗装は自分たちで
削って真っさらにきれいになりました 面白いことに
物が置かれて陽の当たらなかったところ
人がよく通るところでは塗料の吸い加減が違ってる
欲しがっているところは塗ってもサッとスッと染み込んでいく
それならとたくさん一気に塗ると野暮ったくなる
薄く塗って 乾いて 重ねて塗って を繰りかえす

はは~ん
木によって
置かれた環境によって必要量が違うんだな
それって人と同じ
身体と同じ

塗りむらのように見えるけどそれが生木のいいところ
3回重ねて塗りました

木が呼吸できて 水をはじく
裸足で歩く感覚は また 心地よい

是非 ご体感くだざい







前の記事

カーテンを作る